WEB広告業界への転職

留学経験なしで外資系企業への転職を目指す人が知っておくべき6つの事!

デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

homeWEB広告業界への転職ノウハウ留学経験なしで外資系企業への転職を目指す人が知っておくべき7つの事!
留学経験なしで外資系企業への転職を目指す人が知っておくべき7つの事!

[目次]




1.外資系企業に何を求めるのか?


資系企業と聞くと皆さんはどのようなイメージを持たれるだろうか。 給料が高い、残業が少ない、英語力が必要、即戦力が求められ見合わなければ解雇される…。

どの国が本社かによる部分もあるが、どれも概ね正解であり、リスクはあるが高い給料や語学力、国際経験などのスキルを得ることができる魅力的な職場だ。

デジタルマーケティングの分野では、DSPやダイナミックリターゲティング広告などのアドテクノロジー系企業を中心に日本に進出してきている外資系企業が多い。

その他にも外資系の広告代理店が主な転職先として考えられる。外資系の広告代理店では海外企業の日本内でのマーケティングを支援することが多い。

また、最近で日本企業の海外進出をサポートする仕事や海外からの旅行客をターゲットとしたプロモーションを支援する企業も増えてきている。 それらは越境ECやインバウンド広告と呼ばれている。多くは外資系企業ではないが、外国人社員が多く働いており、日本人スタッフも語学力を活かす場面が多い。

[関連記事]

語学力×マーケティング力で戦う!越境EC・海外マーケティング専門の企業ランキング


外資系企業と言っても、国内の日本人を相手に仕事をする場合など、語学力を必要としない場合もあるし、給料は高くなく、日系企業とあまり変わらない場合もある。自身が外資系企業に何を求めるのかを明確にする必要がある。

語学力を活かしたいのか、外資系の高い給料を重視するのか、海外営業を経験したいのか…そこを明確にして企業を選ぶ必要がある。


2.求められる英語力は?



必ずしもネイティブレベルもしくはビジネスレベルの英語力が求められるかというとそうではない。当然、語学力が高いに越したことはないが、そこに満たなくても良いケースがある。 1つは目は、外資系企業と言っても、クライアントは国内の日本人で、本社側が外国人ではあるが、窓口の人は日本語を話すことができる。求められる語学力は社内資料が英語の場合がありそれを理解できれば良い程度で、英語嫌いでなく学ぶ姿勢があれば良いというレベルだ。

外資系のマーケティングツールの営業などはこの部類に該当し、語学力が低くても問題にならない場合が多い。

2つ目は本社(海外)での会議にスカイプ等で参加し、内容を理解するリスニング能力やメールや英語で書かれた資料を理解する力が求められるパターン。この場合、ある程度理解できれば、スピーキングやライティングはあまり求められないので求められる語学力としては低い部類に入る。

外資系の広告代理店などでもクライアントが日本語が話せる場合などはこの部類に該当する。その他、語学力が求められる業務は特定の日本人スタッフが行い、必ずしも全員が高い語学力を求められない。

3つ目は国内で海外のクライアントとやり取りしたり、同僚が外国人ばかりで日頃から英語の使用が求められるパターン。これが国内では最も語学力が求められるだろう。TOEICで言えば最低800点は欲しいし、それ以上に実際に流暢に話せるのか・書けるのか・聞き取れるのかということが求められる。

外資系の広告代理店では、より海外や日本語が話せないクライアントとの直接のやり取りが求められるようになっており、語学力の必要性は増している。 全般的にどの企業でも役職が上がるにつれて、本部やクライアントとやり取りすることが多くなり高い語学力を求められる傾向にある。 上の役職や高い給料を目指すためには高い語学力が重要となってくる。

4つ目は海外が勤務地となるケース。語学力以外にも、異国での生活への適応力なども重要になる。この場合は外資企業でなくでも、日系の事業会社に就職しサービスを海外で展開する場合もある。広告代理店も中国や東南アジアなどに進出することが多い。

このケースでは当然、高い語学力が求められる。ただ、語学力以外にも重要な要素が多く、海外駐在を希望する人も決して多くないことから、語学力が低かったとしても 移住後の成長を見込んで任せられることもある。ポイントは高い業務スキルと適応力や熱意などになってくる。

5つ目は国内の商材を国内にいながらWEB広告を使って海外に販売するケースで大きく伸びてきている分野だ。必要とされる語学力は競合を調査する際のリーディング能力や広告や広告運用時のライティング能力が求められる。現地人に不自然に思われないスピーキングやリスニングを除く高い語学力が求められる。語学力が求められる部分だけ外注や専門のスタッフに依頼することもある。

全てのパターンに共通で、必要とされる語学力に満たなかったとしても、その分野の語学力以外の高い専門性を備えていれば、総合評価で内定を得て、語学力は入社後に追いつくということも可能性はあるだろう。


3.英語のレジュメを用意する



外資系企業を受ける場合は、英語で書かれたレジュメ(履歴書)を用意する必要がある。これまでの経歴(職歴含む)や自己PR、志望動機などをまとめたフリーフォマットの資料だ。 ネット上のフォーマットや事例を参考に作成した上でつくると良いだろう。ただ、初めてのケースは不自然な文章になりがちなため、経験豊かな外資系に強い転職エージェントなどにチェックしてもらうと良いだろう。


4.面接対策をする



英語で面接がある際は、事前の練習が必須だ。面接ではある程度、定型のやりとりがあり、質問内容も事前に想定しやすいため、事前練習がかなり有効だ。実際にそれで入社してみたら全然、語学が足りなかったというケースが発生する可能性があるくらい、事前の練習でごまかせる部分は多い。

一つ注意したいのは、ビジネス英語は多くの人が学ぶ日常会話英語とは異なるため、ビジネスシーンで使われる表現を別で学ぶ必要がある。多くの英会話スクールでは専用のコースを設けているため、相談してみると良い。

また転職エージェントでは英語の模擬面接を実施してくれることもあるので是非確認してみよう。


5.語学力を高めるには?





最もお勧めするのはオンライン英会話サービスだ。その理由は忙しい社会人が毎日英語を話す機会を持つことができる点だ。朝は6時開始から夜は12時30分開始まで25分のレッスンがあり、仕事前や仕事後に自宅で英会話レッスンを毎日受けることができる。またマンツーマンレッスンのため、スピーキングの時間が圧倒的に多い。レッスン内容も自由にカスタマイズでき、面接前は講師に面接官を担当してもらい本番を想定したレッスンができる。確約はできないが、講師の中には実際に面接を担当していた人事経験者の場合もあり、本格的な面接トレーニングを受けることができる場合もある。お勧めは最大手のレアジョブだ。1日129円から毎日レッスンを受けられる。講師の質も非常に高く初心者から上級者まで幅広いニーズを満たしてくれる。

次にお勧めなのは英会話スクールだ。オンライン英会話と比べると、ほとんどがグループレッスンになるので話す量は限定されるが、文法等から体系だった授業を受けたい場合や、同じ勉強仲間を得ることができることがメリットとしてある。




短期間で語学力を飛躍的に向上させるために、転職活動開始直前などにお勧めしたいのが短期留学だ。中でもフィリピンへの短期留学がお勧めだ。費用も他国と比べると安く最短1日〜数ヶ月間まで対応している。マンツーマンレッスンを1日8時間〜など受けることができる。


[関連記事]

転職に使える英語を長期留学なしで短期間で習得する方法を徹底解説


6.解雇のリスクについて



外資系企業への転職を考える際に最も気になるのが、すぐにクビになってしまうのでは?という解雇のリスクについてだろう。


海外の企業では内資の企業と異なり終身雇用制は一般的ではなく、クビやリストラは多い。ただ、現在日本国内で事業を行う外資系企業に関しては一般的なイメージ程かんたんにクビになる状況ではない。


当然、業界や企業、またはどの国を本社とするかによって違いはあるが、ある程度、日本の文化にそって働く人を保護してくれている。


厳しい企業だと1年ごとに雇用を見直されたり、最悪の場合、本国で日本でのビジネス撤退が決定してしまった場合などはクビのリスクが高いが、それ以外の場合、しっかりと自身の業務を果たせていればある程度は安定して働ける。
国内で優秀な人材を集めるためにも安定した就業環境は重要であり、中には日本企業と全く同じで過去に定年以外の解雇歴がない企業もある。


例え大手企業でも倒産やリストラがあり得る現在、特に20代の若手などはそれほど恐れずに外資系企業への就職を前向きに考えても良いのではないだろうか。





7.国内の主な外資系広告代理店



企業名 設立年
ジオメトリー・オグルヴィ・ジャパン合同会社(WPPグループ) 1984年
ワンダーマン・トンプソン・トウキョウ(WPPグループ) 1956年
グループエム・ジャパン株式会社(WPPグループ) 1999年
株式会社グレイワールドワイド(WPPグループ) 1963年
株式会社TBWA HAKUHODO(オムニコムグループ) 2006年
株式会社マッキャンエリクソン(インターパブリックグループ) 2010年
株式会社クラフトワールドワイド 2012年
アイプロスペクトジャパン(電通グループ) 2003年
電通アイソバー株式会社(電通グループ) 2001年
アクセンチュア株式会社 1962年
アドイノベーション株式会社 2010年


8.外資系に強い転職エージェントを活用しよう。



これまでお伝えしてきた、外資系で働く上で必要なことを全面的にサポートしてくれる。 複数登録し、転職活動を実際に始めてみよう。 英語対策以外は、企業研究を十分に行うという一般の転職活動となんら変わることはない。 貴重な経験を得ることができる外資系企業への転職活動の参考して欲しい。


■JACリクルートメント

外資系やハイステータスの転職に強い転職エージェント

JAC Recruitment

対応エリア強み 全国(関西の案件が豊富)外資系・30代以上に強い

幅広い案件を扱う総合エージェントだが、外資系求人や30代以降などの中堅人材の支援に強みがある。丁寧なカウンセリングからハイクラスの求人を紹介してくれる。外資系のWEB広告の会社は日系企業と比べ給料が高い傾向があり、英語をはじめとした語学や、様々な国の人と働く機会が持てるなど貴重なキャリアをつむことができる。是非、転職の機会には活用したいエージェントの1つだ。


JACリクルートメントの詳細ページ
JAC Recruitment



■リクルートエージェント

業界最大手の全ジャンル対応の転職エージェント

対応エリア強み
全国16拠点幅広い案件に対応

業界トップクラスの転職エージェント。
外資系案件含め、幅広い分野の数多くの案件の中から求人を紹介してくれる。またキャリアアドバイザーの資格を保有するカウンセリング経験豊かな転職エージェントが自己分析をサポートしてくれ、自身の強みや興味を聞き出してくれる。面接対策セミナーなども無料で受講することができる。広い視点から、今一度自分のやりたいことを見直す意味で相談することを強くオススメする。WEB広告の仕事は専業の代理店に行く以外にも自社商品のマーケティング部門や自社開発のマーケティグ支援商材の営業など様々な種類があるため、総合転職エージェントへの登録は必須だ。




シンアド

広告・PR・デジタル業界特化型の転職エージェント

対応エリア強み
東京(電話面談で全国対応可)広告・PR・デジタル業界特化

デジタルエージェンシーや制作会社、PR会社などのコミュニケーション業界出身者が転職を支援してくれるエージェント。マスメディアンと共に貴重な業界特化型の転職エージェントとして活用していきたい。外資系の広告代理店案件等も保有している。PR業界にも視野に入れて転職活動を進めたい際にもお勧めできる。


エージェントは少ないがその分、少数精鋭で質の高いエージェントが丁寧に対応してくれる。




■関連記事




自己紹介

自己紹介

30代で未経験からWEB広告代理店への転職を目指す。試行錯誤の末、大手広告代理店へ転職成功。 その後もスキルアップのため転職し、計4社の広告代理店を経験。自身の経験から未経験からでも 目指せるWEBマーケティング業界の魅力や転職ノウハウについて紹介。