【電通への転職】電通グループの各子会社の違いを知ろう!

・電通グループに中途入社したい
・電通グループに転職するならどこの会社
・電通グループに転職するために必要がスキルは

この記事では、このような疑問に答えます!

世界第2位の規模の広告市場を持つ日本において圧倒的な存在感を放つ業界トップ企業の電通。事業のグローバル化や広告のデジタル化の波にもしっかりと乗っており、世界ランキングでも5位に位置するグローバル企業と言えます。

電通は多くの人が目指す一流企業ですが。正社員の求人はほぼ無く、あってもて採用されるハードルはかなり高いのが現実・・・。
ただ、そのグループ企業(電通〇〇)まで目を向ければ、多くの企業があり、中小企業からも実際に転職している人は多くいます。

・電通テック、電通ダイレクトマーケティング、電通アイソバー、電通デジタル、サイバーコミュニケーションズ、DAサーチ&リンクなど

上記に紹介した以外にも多くの電通グループ企業が存在し、逆に多く存在しすぎて、転職希望者からすると、どこがどう違うのかわからなくなってくるくらいです。

この記事では電通グループ各社の違いを説明していきます。
転職活動の際の参考にしてみてください!

電通グループへの転職におススメな転職エージェント

マスメディアン

おすすめ度:

・理由①:広告業界専門でエージェントの業界知識が豊富
・理由②:広告業界の案件が豊富
・理由③:全国の都市に対応

デジタルマーケティング・Web広告業界を目指すならまずは登録すべき広告・Web・マスコミ業界に特化した専門の転職エージェント。Web広告案件の豊富さや業界に精通したエージェントの存在は、業界未経験者にとっては非常に強い味方となります。

一概にWeb広告と言っても仕事内容は会社によって大きく異なります。「思っていた仕事と違う」とならないためには、登録必須の転職エージェントでしょう。

最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)も増加しています。

公式サイトはこちら

マイナビクリエイター

おすすめ度:

・理由①:大手マイナビのWEB業界特化サービスで信頼できる
・理由②:マーケター、デザイナー、ディレクター案件が豊富
・理由③:全国の都市に対応

マイナビの運営するWeb・ゲーム業界に特化した転職エージェント
デザイナー・エンジニア・制作進行を担当するWebディレクターや デジタルマーケターなど、幅広い求人案件から紹介してもらえます。

公式サイトはこちら

レバテック

おすすめ度:

・理由①:WEBマーケティング業界を目指すエンジニア案件が得意
・理由②:面接対策をしっかり行ってくれる
・理由③:オンラインで全国対応が可能

IT/Webエンジニアの方向けの転職エージェント
職種特有の悩みにも対応してくれ、面接対策もしっかりと行ってくれます。拠点が全国9箇所(東京・埼玉・愛知・大阪・京都・福岡・佐賀・広島・北海道)にあるのも嬉しい点。

公式サイトはこちら

電通デジタルを中心としたWEB広告代理事業

WEBマーケティングの急成長を受けて、電通グループには多くのグループ企業が存在しています。

その一つが、サイバーコミュニケーションズ。電通グループのデジタルマーケティングの中核企業です。単体でも約1000人ほどの国内最大規模を誇ります。

その他にもDAサーチ&リンク、電通アイソバー、電通デジタルなどがあります。

各社は事業内容が重複する部分もあるため、今後どのような特徴を各社が出していくかは注目です。

その他にも制作に強味をもつ電通テックや、ソニーと電通で共同設立したフロンテッジ、ダイレクトマーケティング・CRMに強味を持つ電通ダイレクトマーケティングなども自社でWEB広告サービスを提供できる体制を持っています。

電通グループ各社では、博報堂やサイバーエージェントなどの他社に負けない体制を築くため WEB広告経験者を広く求めており、多くの求人があります。

電通グループの主なWEB広告代理店

企業名設立年従業員数特徴
電通デジタル2016年1400人電通のWEB広告の中核企業
サイバー・コミュニケションズ1996年960人大手メディアレップ
DAサーチ&リンク2003年125人運用型広告やアフィリエイト広告に強い
電通アイソバー2001年540人グローバルネットワークの国内主要企業
電通ダイレクトマーケティング2007年163人ダイレクトマーケティング専門
電通メディカルコミュニケーションズ2011年不明医療系専門
ザ・ゴール2003年102人アパレル業界専門
アイプロスペクトジャパン2003年108人グローバルネットワークの国内主要企業
電通エルフトアーキテクト2015年11名ECコンサルティングに強い
電通スポーツパートナーズ2005年85人スポーツマーケティング専門

電通イージス・ジャパンを中心とした海外事業

電通の海外事業は電通イージス・ジャパン株式会社を中心に進められています。電通イージス・ジャパン株式会社は電通のグローバル戦略を加速させるために英国に本社を置くイージスグループを買収してできた会社です。

日本にいながら、海外への広告展開をサポートしたり、逆に海外のクライアントの日本国内でのプロモーションの支援を145カ国・地域以上の支社と連携して行います。その際の 統括として電通グループの海外事業運営全般を取り仕切ります。国内では電通アイソバー、アイプロスペクト・ジャパンを子会社としています。

電通アイソバー

東京・築地に本社を構え、約500名の社員が働いています。設立は2001年に電通グループ・富士ゼロックス・大日本印刷・凸版印刷・共同印刷と共同のジョイントベンチャーとして株式会社デジタルパレットとなり、その後、幾つかの組織改編を経て、2016年に同じく電通グループのアイソバー・ジャパン株式会社と合併し、電通アイソバー株式会社となる。

世界の電通グループと連携し、グローバル企業の日本でのマーケティング支援及び、日本企業のグローバル展開を支援しています。日本国内の電通グローバルネットワークの企業としては最大の規模となります。

年収幅も500万円~1000万円と高い年収レンジです。クライアントやパートナー会社が外国人の場合もあり、必須ではありませんが、英語を活かせる場面もあります。

アイプロスペクト・ジャパン

東京銀座にオフィスを構え約80人が働いています。イギリスに本社のあるグローバルマーケティグ会社の日本法人として2003年に日本に設立されたアイプロスペクト・ジャパンは2013年に電通グループとなりました。

デジタル広告及びオウンドメディアの運用に強みがあります。

世界各国で同じ水準でサービスを提供できるよう「iProspect University」という研修システムがあり、グローバル規模での最新のデジタルマーケティングを学習することができます。

海外のクライアント比率が5割と多く、語学を活かせる場面も多いのが特徴です。

電通グループ企業への転職はWeb広告業界に強い転職エージェントのマスメディアンの活用がお勧め

電通東日本などの地域会社

電通には地方の広告主や、東京や大阪などの都市部の大手クライアントの地方支社と連携したプロモーションを行うための地域子会社が各エリアにあります。

静岡や新潟から関東、東北までをカバーする電通東日本。関西圏のアド電通大阪 。西日本エリアの電通西日本。その他にも電通九州や電通沖縄があります。

地方ではあるが、そのエリアの大手企業や東京に本社を持つナショナルクライアントの案件にも携わることができあす。

また本体の電通に比べると入社のハードルも下がることから、Uターン転職を希望する人にはお勧めです。

各地域の支援を行う事業会社

企業名設立年従業員数特徴
電通東日本1995年583名関東、東北、静岡、新潟エリア
電通西日本1995年164名近畿、中四国、北陸エリア
電通九州1995年334名九州エリア
電通沖縄1995年38名沖縄エリア
アド電通大阪1952年71名関西エリアの中小企業やベンチャー企業を中心に支援
電通名鉄コミュニケーションズ1961年175人東海エリアでの名古屋鉄道の交通広告デジタル広告

その他のグループ企業

電通リサーチ
マーケットリサーチ事業を行う。広告のプランニングに欠かせない、市場調査のプランニング及び調査分析を行う。安価に市場調査が可能なネット調査システムが強み。


電通ミュージック&エンタテインメント
音楽の著作権の管理、楽曲の企画、制作などを行う。現在はコンサートの協賛やプロデュースにも注力。電通グループの音楽事業の中核企業。


電通パブリックリレーションズ
電通グループのPR事業の中核企業。近年では企業のリスクコンサルティングなどの事業が伸びている。

電通グループへの転職に必要なスキル

電通グループの企業に未経験から入社するのは非常に困難なため、入社する事業部での経験を他社で積んだ上で応募するようにしましょう。

面接の前には企業のHPを熟読することが重要であり、各社が紹介しているプロモーション事例などについて意見を求められることがある為、事前に考えくと良いでしょう。

転職エージェントを活用すれば、これらの案件を紹介してくれるだけではなく、過去の面接経験者の情報からアドバイスを貰えるため、少しでも面接を突破する確率を上げることができます。

どうしても未経験からの転職を目指す必要がある場合は、正社員を諦めて派遣や契約社員として入社を目指す方法があります。

電通グループでは現在、派遣や契約社員の採用を強化しておりチャンスは多いです。正社員ではないが実際の業務は多岐に渡り貴重な経験を得ることができます。

電通グループへの転職は広告業界への転職に強い転職エージェントのマスメディアンを活用しましょう。