デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

紙の広告はもう時代遅れ?web広告にはない紙の広告のメリット

デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

homeWEB広告業界への転職ノウハウ紙の広告はもう時代遅れ?web広告にはない紙の広告のメリット

紙の広告かweb広告か

昨今、デジタル広告の急成長に合わせて人材も紙の広告を扱っていた人がデジタル広告の分野へ 転職するケースが目立つ。新卒での採用人数もデジタル広告の方が多い。

広告の効果やスキルの需要、将来性という意味でデジタル広告は紙の広告に勝っているのか。紙の広告はデジタル広告に勝る部分は無いのか?両者を比較しながら違いを考えてみた。

ここではweb広告とそれ以外の紙の広告を始めとしたデレビ、ラジオ、交通広告、イベントに分けて考える。


[目次]



1.紙もwebも基本的に出来ることは同じ


web広告は最先端の技術をつかい紙の広告にはできないことできるという感覚をお持ちの方は多いのではないだろうか。 例えばweb広告であれば、広告がいつどこでクリックされ申込に至ったかどうかがわかるなど広告の効果が分かりやすい。ただ、それが紙の広告でできないかというとそんなことはない。広告の出稿量と申込数の増減を比較することで紙の広告も効果を計ることができる。

その他、ある商品の広告を出す場合、web広告であれば特定の分野に興味がある、◯歳代の人をターゲットにすることができる。ただ紙の広告でも、サラリーマンの利用が多い駅の電車広告を活用したり、特定の趣味を持つ人が集うイベント会場でフリーペーパーを配布する等の方法でターゲティングは可能だ。
 基本的にはどちらの方法でも、広告をうつ目的である、認知→興味→購入を達成することはできるのである。SNSで使った感想を共有することに関しても、web広告だけができるわけではなく口コミを活用することで同様のことが可能となる。



2.両者の違いは?


基本的にweb広告にできて、紙の広告などその他の広告でできないことはない。では何故、近年これ程web広告が盛り上がりを見せているのだろうか。


その理由は主に3つある。

2-1.精緻でスピーディーな効果測定


先ほど、紙の広告でも効果測定はできると言ったが、web広告は紙の広告にはできない細かな効果測定が可能となる。 どの広告が何回表示され、何歳代のどの性別のどんな趣味を持った人にクリックされたか、そして購入まで至ったか。更にはその人は購入に至るまで他にどんなサイトを訪問したかなどかなり詳細な情報を得ることができる。またそれらの情報をほぼリアルタイムで得ることができる。 web広告以外で同じことをしようとすると、対象となる人の一部をモニターとして会場に集めアンケートに回答してもらう等の方法が考えられるが毎回やるにはコストの問題があることと何よりかかる時間が全く違ってくる。 




2-2.様々な条件を掛け合わせた細かなターゲティングが可能



 紙の広告でもある程度のターゲティングは可能だが、webではかなり細かなターゲティングが可能だ。例えば、年齢、性別、趣味などに加えて商品紹介ページに来たことがあるか無いか等を掛け合わせることができる。そしてターゲティングに応じて出す広告を分けることまでできる。人それぞれ興味を持つポイントや興味具合は違ってくるがweb広告では、個に合わせて最適な広告をリアルタイムで出し分けることができる。



2-3.web広告への接触機会が増加している




 そして最も大きな要因は今更ではあるが、インターネット環境の整備、そしてPC・スマートフォンの普及により、web広告に触れる機会、時間が格段に多くなったことだ。家の中だけでなく、外出先や移動中でもいつでも触れる機会がある。それだけではなく、これまでニュースを新聞から得ていた人がネットニュースを利用するようになり、雑誌も専門のwebマガジンで代替できるようになった。更に外出しなくてもネットショップで買い物ができるようになり、web広告以外に接する機会が減り、その分がweb広告に置き換わっている。





3.web広告にできないことは?




 当然ながらweb広告はネット上でしか活用できない。デジタルサイネージ等がネットと連携して屋外広告の一部として拡大しつつあるが、基本的にはオンライン環境下のみとなる。 普段ネットをあまり使わない人には広告を届けられない。全く使わない人は殆どいないかもしれないが、用途が限られており届けたい広告が届かない人は一定数いる。 また現在web広告が氾濫して他の広告に埋れやすくなっている中で差別化が難しくなってきている。 最後に分野によってはweb広告の情報に不信感を持つ場合もあり、信頼性という意味で新聞や雑誌などに負けてしまうケースもある。 その点、電車の中刷りや雑誌、屋外看板などを活用すればwebをあまり使わない人にもアプローチできるし、他のweb広告に埋没することもない。より信頼性の高い媒体に広告を出すことでweb広告に不信感を持つ人の興味を持つけこともできる。



4.両手法を上手く組合せ使い分けるスキルが必要


これまで説明してきたように、web広告は人々のwebへの接触時間の拡大から今や欠かせない広告手法になっている。また細かなターゲティングやリアルタイムの効果測定などから従来の広告手法に勝る点が多い。 
 ただ、その弱点を補ったり、更に効果を上げるためには紙の広告も併用することが大切になってくる。 そうすることで、紙の広告の効果測定が難しいという課題もある程度解決することができる。 
 紙の広告にはweb広告とは別の難しさがある。印刷や製本、掲出先までの配達等の作業が必要となるため、それぞれの専門知識やスケジューリングなどがweb広告とは違い学び直す必要がある。一度印刷してしまうと修正が効かない為、より入念な確認やデザインもより詳細につくり込むなど変わってくる点が多々ある。 
 紙の広告屋からweb広告へ、またはその逆の転職も一度考えてみてはいかがだろうか。 




5.インターネット広告・デジタルマーケティング業界への転職におすすめの転職エージェントを紹介!!


■マスメディアン

デジタルマーケティング・WEB広告業界を目指すならまずは登録すべき広告・WEB・マスコミ業界に特化した専門の転職エージェント

対応エリア強み
東京・大阪・名古屋・福岡・金沢広告業界特化

広告業界に特化した転職エージェント。WEB広告の案件も豊富に抱えており、業界に詳しい転職エージェントが一から丁寧に教えてくれ、業界未経験者にとっては非常に強い味方となる。一概にWEB広告と言っても仕事内容は会社によって大きく異なり、転職したが思っていたことと違っていたという失敗に陥らないためにもより詳しい転職エージェントに相談する必要がある。


最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)も増加している。


エリアも東京・名古屋・大阪・福岡・金沢と全国の主要都市に対応している。面談に行くと専門情報誌の「宣伝会議」が1冊貰える特典も。




■シンアド

広告・PR・デジタル業界特化型の転職エージェント

対応エリア強み
東京(電話面談で全国対応可)広告・PR・デジタル業界特化

デジタルエージェンシーや制作会社、PR会社などのコミュニケーション業界出身者が転職を支援してくれるエージェント。マスメディアンと共に貴重な業界特化型の転職エージェントとして活用していきたい。PR業界にも視野に入れて転職活動を進めたい際にもお勧めできる。


エージェントは少ないがその分、少数精鋭で質の高いエージェントが丁寧に対応してくれる。




■マイナビクリエイター

Web職・ゲーム業界に特化した転職エージェント

対応エリア強み
首都圏・関西・愛知・福岡Web職・ゲーム業界

マイナビの運営するWeb・ゲーム業界に特化した転職エージェント。デザイナー・エンジニア・制作進行を担当するWEBディレクターや デジタルマーケターなど、幅広い求人案件から紹介してもらえる。






■関連記事