WEB広告業界への転職

【最新版】デジタルマーケティング業界企業別売上高ランキング!

デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

homeWEB広告業界への転職ノウハウ【最新版】デジタルマーケティング業界企業別売上高ランキング!

【最新版】デジタルマーケティング業界企業別売上高ランキング!



【最新版】デジタルマーケティング業界企業別売上高ランキング!


デジタルマーケティング業界の企業各社の売上規模を基準にランキングを作成しました。業界地図として転職先を探す際の参考に確認して下さい。


No 企業名 売上高
1 電通 約5兆3570億円
2 博報堂DYホールディングス 約1兆4456億円
3 サイバーエージェント 約4536億円
4 D.A.コンソーシアムホールディングス 約4190億円
5 オプト 約857億円
6 セプテーニ 約724億円
7 アドウェイズ 約415億円
8 デジタルガレージ 約365億円
9 ファンコミュニケーションズ 約353億円
10 GMOアドパートナーズ 約340億円
11 トランス・コスモス 推定
12 インタースペース 約282億円
13 バリューコマース 約207億円
14 フルスピード 約190億円
15 フリークアウト 約150億円
16 ネットマーケティング 約112億円
17 NTTコム オンライン マーケティング ソリューション 非公開
18 メンバーズ 約88憶
19 レントラックス 約83億円
20 ネットイヤーグループ 約62億円
21 アライドアーキテクツ 約41億円
22 Macbee Planet 約40億円
23 シナジーマーケティング 約37億円
24 プレシジョンマーケティング 約22億円
25 インフォキュービック・ジャパン 約22億円
26 ジオコード 約21億円
27 ペンシル 約20億円
28 カルテットコミュニケーションズ 約19億円
29 リスティングプラス 約13億円
30 アユダンテ 約12億円

※正確な数値に関しては各企業のHP等でご確認下さい。
※広告代理業をおこなう企業を中心ランキングを作成しています。


[関連記事]

アフィリエイトマーケティング業界の売上高ランキング!

[関連記事]

SEO業界への転職希望者必見の企業ランキング


電通発表の「日本の広告費」によると2018年の日本の広告費は6兆5300憶円と前年比102%と景気拡大に伴い増加しています。 その成長はインターネット広告が牽引しており、1兆7589憶は前年比116%増と引き続き2桁成長を続けており、テレビ広告の1兆9123憶に迫っています。


■大手広告代理店系への転職
電通グループや博報堂グループが圧倒的に高いシェアを占めているがWEBマーケティングに関しては多くの子会社・関連企業と連携して 実施しており、WEB広告のメインはグループ会社で実施していることもあるので転職する際には注意しましょう。グループ内でそれぞれ強みや役割分担が異なる為、事前の下調べが重要になります。

メリットとしては業界内での知名度や関われる案件規模の大きさが上げられます。また各社の中でも組織が細分化されておりそれぞれの専門性を高めていける組織体制になっています。デメリットはメリットの裏返しでもありますが、仕事内容が各人に細分化されているため、各自の任される領域は限定的になりますし、他の人との連携が非常に多くなります。コミュニケーションが円滑に進めば問題はないのですが、WEBマーケティングのスキル以上にチームマネジメントやコミュニケーション体制の構築が重要になってきます。プロジェクト全体に広く関わりたいという人には不向きかもしれません。


[関連記事]

WEB広告における電通グループへの転職と各社の違い

[関連記事]

DYメディアパートナーズやDYデジタルって?博報堂グループ各社の違い

■独立系大手WEB広告代理店
電通・博報堂を追う企業としてサイバーエージェント・オプトをはじめとした企業が連なります。DACやアイレップは博報堂グループに含まれます。そういった企業も数は少ないですが、役割別に子会社を複数抱えており、 中小企業向けやWEBマーケティングの運用は子会社が行っている場合もあります。それぞれの会社にカラーがあるため、自身にマッチするか試すために一度、面接に進んでみると良いでしょう。電通や博報堂本体と比べると採用ハードルはやや下がる印象です。



■その他中堅WEB広告代理店
アフィリエイトやSEOやDSPの企業など独自の強みのある企業も有力先な転職先として考えられます。 多くの企業ではアフィリエイトやSEOなどに特化した企業もリスティング広告やSNSなどの扱いも増やしており、それぞれの企業が強みを活かしながらトータルにWEBマーケティングが扱える体制に移行しています。 入社ハードルは大手と比べると入りやすく、これらの企業で経験を積み、大手へ転職する例も多くみられます。また個人の裁量をある程度広く持って働きたい人にはこれらの企業の方が向いているかもしれません。



■中小のWEB広告代理店
その他にも規模は50名程度以下と少ないですが、成長中の有料中小WEB広告代理店も多く存在します。インフォキュービックジャパンなどの海外マーケティングに特化した企業や中小企業支援に特化したリスティングプラスなど堅調に成長を続けています。


2018年後半以降、企業によっては売上見込みを下方修正する動きもあり、どの分野に注力するかで各社の今後の成長が変わってきそうです。



ここで紹介した優良企業等の求人は次に紹介する業界専門の転職エージェント経由で応募することができます。少しでも興味があれば、自身のキャリアを見直す良い機会として、まずは登録して無料相談を受けてみましょう。



■マスメディアン

デジタルマーケティング・WEB広告業界を目指すならまずは登録すべき広告・WEB・マスコミ業界に特化した専門の転職エージェント

対応エリア強み
東京・大阪・名古屋・福岡・金沢広告業界特化

広告業界に特化した転職エージェント。WEB広告の案件も豊富に抱えており、業界に詳しい転職エージェントが一から丁寧に教えてくれ、業界未経験者にとっては非常に強い味方となる。一概にWEB広告と言っても仕事内容は会社によって大きく異なり、転職したが思っていたことと違っていたという失敗に陥らないためにもより詳しい転職エージェントに相談する必要がある。


最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)も増加している。


エリアも東京・名古屋・大阪・福岡・金沢と全国の主要都市に対応している。面談に行くと専門情報誌の「宣伝会議」が1冊貰える特典も。




■レバテック

IT/Web系のエンジニア、デザイナー特化の転職エージェント

対応エリア強み
東京・埼玉・愛知・大阪・京都・福岡・佐賀・広島・北海道IT/Web系のエンジニア、デザイナー特化

IT/WEBエンジニアやデザイナーの方向けの転職エージェント。職種特有の悩みにも対応してくれ、面接対策も しっかりと行ってくれる。拠点が全国9箇所にあるのも嬉しい点。


レバテックの詳細ページ
レバテック



■シンアド

広告・PR・デジタル業界特化型の転職エージェント

対応エリア強み
東京(電話面談で全国対応可)広告・PR・デジタル業界特化

デジタルエージェンシーや制作会社、PR会社などのコミュニケーション業界出身者が転職を支援してくれるエージェント。マスメディアンと共に貴重な業界特化型の転職エージェントとして活用していきたい。PR業界にも視野に入れて転職活動を進めたい際にもお勧めできる。


エージェントは少ないがその分、少数精鋭で質の高いエージェントが丁寧に対応してくれる。





■マイナビクリエイター

Web職・ゲーム業界に特化した転職エージェント

対応エリア強み
首都圏・関西・愛知・福岡Web職・ゲーム業界

マイナビの運営するWeb・ゲーム業界に特化した転職エージェント。デザイナー・エンジニア・制作進行を担当するWEBディレクターや デジタルマーケターなど、幅広い求人案件から紹介してもらえる。




■関連記事