WEB広告業界への転職

30代・未経験から複数の転職エージェントを使いこなしデジタルマーケティング業界大手企業への転職!!

デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

home30代・未経験からのデジタルマーケティング業界大手企業への転職体験談

デジタルマーケティング業界未経験でしかも30歳を超えていた自分が 運よく業界トップクラスの大手企業へ転職できた転職活動を振り返ってみる。

[目次]



1,デジタルマーケティング業界を目指すきっかけ



転職前は新卒から入社した中堅の機械部品メーカーで営業をしていた。 WEB業界とは無関係の仕事だった。 そんな自分がWEB広告業界への転職を目指すきっかけとなったのが、 体力勝負の営業スタイルに限界を感じたことだった。 転職前の会社では、それだけ数をこなして多くの企業へ提案をするか、 そして訪問先のクライアントと商品の相性は良いかで営業成績が決まり、 最後に僅かながら営業としてのスキルがそれを左右するといのが仕事の実情だった。

このまま続けてもいずれ体力の衰えから行動量が減っていき新人に追い抜かされていくだろう。 当然、役割がマネジメントに変わりそんな新人を管理する側に回る道もあるが、 とにかく行動量を求め管理していくマネジメントの仕事に魅力を感じなかった。 そしてヒューマンスキル以外は他の分野での応用が効きにくい仕事内容にも物足りなさを感じており、 つまるところ将来性を全く感じることができない状況だった。 営業という仕事自体は嫌いではなかったが、もっと別のやり方で売り上げを伸ばしたい。 そう考えた時に思い浮かんだ仕事が広告であり、マス広告に変わり急成長しているWEB広告だった。

2.転職活動のスタートは転職エージェントへの相談



まずはいくつかの転職エージェントに登録してWEB広告業界未経験で30歳を超えており、特別なスキルもない自分が転職できるのかを相談してみた。始めに登録したのは業界最大手のリクルートエージェントと広告業界に特化しているマスメディアン。

リクルートエージェントに相談した回答は、WEB広告業界は成長産業であり求人数も増加傾向にあるので未経験からでも転職自体は可能だろうという希望の持てる結果だった。その他にも何故転職したいのか、転職活動における優先項目は何か、これまでの経験を活かせる業界はどこか、何故WEB広告業界に行きたいのかなどを深堀してヒアリングしてもらい、転職活動の始めとしてはとても良い転職エージェントだと感じた。

マスメディアンではWEB広告業界に特化していることもあり、具体的な企業名を上げながら、転職先の候補企業がどんな広告手法を扱っておりどんな職種を募集しているのかなどを説明してもらい、実際にいくつか書類選考に進むことになった。

3.なかなか内定を得ることができない序盤戦



試しにということで早速いくつかの企業の書類選考を受けてみがた、結果は散々で書類が通らなかったり、通っても一次面接を突破できない状況が続いた。約20社応募、3社面接、全社1次不合格という状況。

内定が面接で不合格が続くとかなりストレスが溜まるもので、納得のいく理由を伝えてくれる場合は良いが、理由通知がない場合やその理由が納得いかない場合のこともあった。例えば、主体性が感じられない等は自分が最も強みと感じていた点だったため、面接官は一体何をみていたんだという怒りも感じ、転職エージェント経由でそのことを再度伝え、一次面接官の上司と再度面接を設定してもらったこともあった。結果は同じく不合格という空回りな転職活動を続けていた。

4.内定を得るためのコツを徐々につかみはじめる



不合格の理由として多かったのは”志望動機が不明瞭”や、”どう活躍するかが見えにくい等だった。それらを突き詰めて考えてみると企業研究が足りないことに行き着いた。その企業でどんなことをやるのかが分かれば、志望動機は具体的になる。また活躍するため(面接官が求めていること)にどんな前職の経験を話せば良いかも明確になる。 企業研究のためにまず取り組んだのが、最低限の業界知識を得るためにその業界の本や雑誌を幾つか読んだ。また、企業のHPをチェックし、サービス内容を理解するようにした。案件を紹介してきた転職エージェントにもできるだけその企業に関する質問をし、これまで面接ではどんな質問をされることが多かったのか等を把握するようにした。

企業理解が進んだことで面接官との対話はかなりスムーズになり、一次面接を通過できるようになってきた。 面接官が求めていることで1点気づいたのは、私が30代半ばに差し掛かっていたため、 入社した場合は近い将来に部下を持つことになる可能性が高く、 これまでの同様の経験やその時どう部下に対して対応したかと言う部分を面接官は知りたがる傾向があるということだった。 その点についてしっかりと話せた場合は面接を突破できることが多かった。

5.登録する転職エージェントを増やす必要性



一次面接に受かりはじめると今度は急に、本当にその企業に自分は入りたいのかという、選ばれる感覚から選ぶ感覚へと変わっていった。そこで、これまでは行きたいと思った企業にすぐ応募していたが、そうではなく志望度の高い企業が見つかったら、まずはその企業い近い企業を受け傾向と対策を掴んだ上で面接にのぞんだ方が受かる可能性が高いと考えた。

また転職エージェント側も仕事なのである程度面接が進んだ場合は、選考中の企業への転職を進めようとして新しい案件を紹介することが少なくなってきた。

そこでより多くの転職エージェントを使い分ける必要を感じ新たに2つの転職エージェントに登録した。1つが、JACリクルートメントでもう一つがDODAだ。2つの転職エージェントは、他エージェント経由である程度転職活動が進んでいることを伝えると、かなり急いで案件の提案をしてきた。また求人企業にも他で選考が進んでいる有力な人材なので面接日程を調整するよう働きかけてくれ、これまでと違い少しVIP待遇(とまでは言わないが)で面接をこなすことができた。

6.ついに内定をGET



面接を受けるたびにデジタルマーケティング業界への理解や面接官の望む会話もわかってきて転職活動に自信が持てるようになってきた。そしてついに念願の内定をある企業から得ることができた、そしてその企業が最終回答を待ってくれるのは1週間だった。まだ他にも志望度が高い企業があった為、少しもったいない気もしたがやっと手に入れた内定を断った。

内定を得た後の最終回答までの猶予期間1週間から長くて2週間とわかった状況で、その間に後悔の無いよう自分の希望する企業から内定を得て、最も行きたい企業へ・より良い条件の企業を選ぶ必要があると気づいた。 その為、さらに幾つかの転職エージェントに登録し一気に選考を進めていった。

7.最後に



最終的に2つの希望する企業から内定を得ることができ、仕事内容と提示された給料を比較して入社先を1つに決めた。 通算では約70社に応募し、20社の面談、5社内定という結果だった。 前の職場で働きながら多くの企業の選考を受けるのはかなり大変だったが面談の日程調整なども転職エージェントが代行してくれたおかげでなんとか乗りくることができた。 また退職の話を切り出す際も初めてのことでどう対処して良いかわからなかったが、そういった場面は日常茶飯事な転職エージェントのアドバイスに従いスムーズに退職の流れを進めることができた。

多くの転職エージェントを活用し、様々な貴重なアドバイスと企業の紹介をしてもらった。 転職エージェントの中には自分の希望とは全く関係のない転職先を勧めてくるばかりのところもあれば、親身に相談に乗って時には愚痴を聞いてくれながらサポートしてくれるところもあった。 今後、また転職する機会もあるかもしれないと考えた時に継続的に自分のキャリアについて相談できる 転職エージェントを見つけることができことが一番の収穫だったかもしれない。

8.オススメの転職エージェントを紹介



■マスメディアン

デジタルマーケティング・WEB広告業界を目指すならまずは登録すべき広告・WEB・マスコミ業界に特化した専門の転職エージェント

対応エリア強み
東京・大阪・名古屋・福岡・金沢広告業界特化

広告業界に特化した転職エージェント。WEB広告の案件も豊富に抱えており、業界に詳しい転職エージェントが一から丁寧に教えてくれ、業界未経験者にとっては非常に強い味方となる。一概にWEB広告と言っても仕事内容は会社によって大きく異なり、転職したが思っていたことと違っていたという失敗に陥らないためにもより詳しい転職エージェントに相談する必要がある。


最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)も増加している。


エリアも東京・名古屋・大阪・福岡・金沢と全国の主要都市に対応している。面談に行くと専門情報誌の「宣伝会議」が1冊貰える特典も。




■リクルートエージェント

業界最大手の全ジャンル対応の転職エージェント

対応エリア強み
全国16拠点幅広い案件に対応

業界トップクラスの転職エージェント。
幅広い分野の数多くの案件の中から求人を紹介してくれる。またキャリアアドバイザーの資格を保有するカウンセリング経験豊かな転職エージェントが自己分析をサポートしてくれ、自身の強みや興味を聞き出してくれる。面接対策セミナーなども無料で受講することができる。広い視点から、今一度自分のやりたいことを見直す意味で相談することを強くオススメする。WEB広告の仕事は専業の代理店に行く以外にも自社商品のマーケティング部門や自社開発のマーケティグ支援商材の営業など様々な種類があるため、総合転職エージェントへの登録は必須だ。




■ワークポート

IT業界に強い転職エージェント

対応エリア強み
東京IT業界特化

IT業界に特化した転職エージェント。広告業界専業ではないが、IT業界に強いため、WEB広告の求人も数多く紹介してくれる。またWEB広告業界はIT技術に支えられており、アドテクノロジー系の企業も多く存在し、そういった企業が実は業界を動かしていると言っても過言ではない。また技術の発展が早く、また理解が難しいため、エンジニアは勿論のこと技術面を理解できる人材は市場価値は高く、アドテクノロジー系に進むことも一つの選択肢として考えたい。


オフィスが東京のみなのでエリアの制限がある。


また年収800万円以上を対象とするハイクラス人材のための転職支援専門部門もあり、条件次第では高い年収を見込むことができる。




■JACリクルートメント

外資系やハイステータスの転職に強い転職エージェント

対応エリア強み
全国(関西の案件が豊富)外資系・30代以上に強い

幅広い案件を扱う総合エージェントだが、外資系求人や30代以降などの中堅人材の支援に強みがある。丁寧なカウンセリングからハイクラスの求人を紹介してくれる。外資系のWEB広告の会社は日系企業と比べ給料が高い傾向があり、英語をはじめとした語学や、様々な国の人と働く機会が持てるなど貴重なキャリアをつむことができる。是非、転職の機会には活用したいエージェントの1つだ。


JACリクルートメントの詳細ページ




■DODA

全業種対応の豊富な求人から自分に合った求人を紹介してくれる

対応エリア強み
全国全業種対応の豊富な求人数

DODAではサイトに公開されている求人に直接応募することもできる。ただ転職エージェントに相談することで 非公開のより多くの求人に出会うことができる。

DODAのメリットは何と言っても求人数の多さにある。初回のヒアリング後には各企業に詳しい担当者がスピーディーに 案件を紹介してくれる。多くの転職エージェントと接する機会となるため、自分に合うエージェントに出会える可能性が高い。

これまで紹介してきた転職エージェントが合わないなと感じた際や、 より多くの求人を紹介して欲しい際にぜひ活用しよう。


DODA(デューダ)の詳細ページ




■関連記事