workshipの案件の特徴や利用方法とは?|フリーランスITエンジニア向け案件紹介サービス

フリーランスITエンジニア向けの案件紹介サービスworkship。

この記事では数ある同様のサービスとの比較からworkshipの案件やサービスの特徴、利用方法を解説します。

workshipの案件の特徴とは?

workshipは約1,000件(2021年4月時点)の案件を掲載している比較的小規模のサービスとなります。

フリーランススタート等の大規模サイトでは15万件以上の案件が掲載されています。

workshipでは、週1日から稼働可能な案件を掲載しています。

週の稼働日別の掲載案件数は次の通りです。

週1日90件
週2日199件
週3日229件
週4日187件
週5日214件

週3日以下の案件が全掲載案件数の50%以上となるため、週5日以外の案件を探しているフリーITエンジニアの方におススメです。

workshipのサービスの特徴とは?

workshipはサービス内容としては他の紹介サービスとあまり変わりません。

コンサルタントが案件紹介に関するサポート全般を行ってくれます。

特徴としてはフリーランス向けの情報サイトである、workship MAGAZINEを運営しています。

フリーランサーが気になる情報が定期的に公開されているので、是非チェックしてみましょう。

workship MAGAZINEはこちら

workshipの利用方法とは?

workshipはweb上での簡易登録から始まります。

登録前でも案件は見ることができます。

登録後にコンサルタントから連絡があるので、オンライン等で面談を行い、スキルや希望条件のすり合わせ、案件の紹介が行われます。

希望する案件があれば、応募し、企業側も興味を持った場合は商談へと進みます。

双方の合意があれば案件参画となります。

workshipの無料登録はこちらから