パーソルテクノロジースタッフを活用したITエンジニアのWワークとは?

ITエンジニアでフリーランスとして独立を考えているけど、自分のスキルでうまくやっていけるか不安という方に、エンジニア派遣を活用したWワークという方法があります。

この記事ではITエンジニアの派遣を活用したWワークと、そのサポートサービスを展開しているパーソルテクノロジースタッフについて紹介していきます。

派遣を活用したITエンジニアのWワークとは?

「今、正社員で働いているけれど、独立に向けて動き出したい!まずは副業などから始めていきたいけれど、今の会社だと制限が多くて動きにくい。」

そんな悩みを持っているITエンジニアは多くいます。

ただフリーランスとしてやっていけるかは不安。

そんな人には派遣を活用したWワークという方法もあります。

派遣だと5日間毎日勤務する必要もなく、空いた時間で起業に向けた活動をしたり、別の仕事を請け負うことも可能です。

派遣とフリーランスの違いとは?

派遣とは、派遣会社に雇用され、仕事の獲得や請負企業との交渉などは派遣会社が行ってくれます。

逆にフリーランスは、個人事業主として企業と直接雇用を結びます。

フリーランスは派遣会社によっては税金関係や保険関係の手続きを派遣会社が行ってくれる場合もありますが、フリーランスの場合は自身で行う必要があります。

また雇用企業とのやり取りも、派遣会社であれば間に入ってやり取りしてくれることが多く、業務以外の負担が低いのがメリットです。

デメリットは派遣であると、仲介料を取られるため、給料がその分、低くなってしまいます。

本業以外の負担を少しでも減らしたい場合は派遣、給料少しでも高くしたい場合はフリーランスがお勧めです。

パーソルテクノロジースタッフを活用したITエンジニアのWワークとは?

パーソルテクノロジースタッフは、派遣期間中、各種保険を始めとした福利厚生サービスが充実している大手のエンジニア派遣会社です。

将来の起業に向けて時間が欲しいITエンジニアやライフワークバランスを重視したい人向けに派遣案件の紹介を行っています。

活用方法は、オンラインで情報を登録し案件紹介を受ける方法と、コーディネーターと直接会って紹介を受ける方法の2つの方法があります。

パーソルテクノロジースタッフへの相談はこちらから