グッドワークスエンジニアの案件の特徴とは?|フリーランスITエンジニア向け案件紹介サービス

グッドワークスエンジニアは同名の株式会社が運営するフリーランスITエンジニア向けの案件紹介サービスです。

この記事では他の同様のサービスと比較した際のグッドワークスの案件やサービスの特徴や利用方法について説明します。

グッドワークスエンジニアの案件の特徴とは?

グッドワークスエンジニアは約2300件(2021年4月時点)の公開案件が掲載されています。

非公開案件が8割と記載があることから、全体の案件数は約12,000件程度の比較的規模の大きな紹介サービスとなります。

多くの同様のサービスでは案件数5,000件程度となります。最も掲載案件数が多いフリーランススタートでは公開案件数が18万件以上のサービスもあります。

案件は言語と案件の単価で絞込検索をすることができます。

グッドワークスエンジニアのサービスの特徴とは?

グッドワークスエンジニアでは、5万円~のプログラミング未経験者向けのスクール事業も運営しています。

期間は1~3ヵ月間から選ぶことができ、受講後には仕事の紹介もしてもらえるため、未経験からでもITエンジニアを目指すことができます。

グッドワークスエンジニアの利用方法

グッドワークスエンジニアでは60秒の簡易登録から利用が始まります。

登録をしなくても公開案件は確認することができますが、8割以上を占める非公開案件を確認するには、登録してカウンセラーとの面談が必要です。

カウンセラーとの面談後に、案件の紹介、企業との商談と進み、条件が一致すると案件参画となります。

案件参加後にも定期的にカウンセラーからのサポートを得ることができます。

グッドワークスエンジニアの利用はこちらから