コデアルの案件やサービスの特徴とは?|フリーランス向け案件紹介サービス

コデアルはエンジニアやマーケター向けにフリーランスや正社員の案件を紹介しているサービスです。

この記事ではコデアルの案件やサービスの特徴、利用方法について説明していきます。

コデアルの案件の特徴とは?

コアデルは約2,500件(2021年5月時点)の案件が掲載されています。

この中には、フリーランス向けや正社員案件、エンジニアやデザイナー向け等、様々な案件が含まれています。

大まかな内訳は以下の通りです。

分類案件数
フリーランスエンジニア向け176件
フリーランスエンジニア向けの完全リモート140件
フリーランスデザイナー向け24件
フリーランスデザイナー向けの完全リモート21件
フリーランスマーケター等のその他職種向け55件
フリーランスマーケター等のその他職種向けの完全リモート27件

正社員向け案件も多く、フリーランス向け案件数ではあまり多くはありませんが、各職種とも完全リモートワーク可能な案件が多いため、特に地方のフリーランサーにお勧めです。

コデアルのサービスの特徴とは?

コアデルは他のエージェント型のサービスとは違い、ユーザーがサイト上で案件に直接応募するタイプのサービスです。

また案件個別にコデアル独自のフリーランサーへの期待値が設定されています。

1は依頼内容をコツコツとこなす新卒クラス、3は依頼をもとに自分から進んで提案ができる、5は全チームの事を考え提案しチームを導くことができるレベル等です。

この基準を見ることで、業務の難易度がわかりミスマッチを防ぐことができます。

コデアルの利用方法

コデアルではサイト上での登録から利用が始まります。

10分程度で完了する作業量で、職種や経歴(社名は不要)を入力します。

その後、自ら案件を探して”気になる”や”詳しく要件を聞きたい”などこちらからアクションを起こすこともできますし、企業側からのオファーを待つこともできます。

双方のニーズが合えば、オンラインでビデオ面談を行い、その後に案件参画となります。

コデアルの利用はこちら