デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

未経験からネット広告・デジタルマーケティング業界への転職に成功する転職活動スケジュールの3ステップ

デジタルマーケティング・WEB広告業界への転職

homeWEB広告業界への転職ノウハウ未経験からネット広告・デジタルマーケティング業界への転職に成功する転職活動スケジュールの3ステップ
未経験からデジタルマーケティング業界への転職経験者が考える成功する転職活動スケジュールの3ステップ

[目次]



1.未経験からデジタルマーケティング業界への転職経験者が考える転職活動のスケジュールのポイント


どのような転職活動を行うかは人によって様々だが、皆が共通して経験する課題がいくつかある。 例えば、転職活動の目的や転職に求める条件の優先順位を明確にしていなかったために後になって後悔をしたり、 内定を得たが数社しか受けなかったために、他にもっと良い転職先があるのでは?と納得しないままに 転職先を決めてしまう等の課題だ。

それらの課題は事前に対策をとることで解決でき、満足のいく転職活動を行うことができる。 このサイトで提唱する後悔しない転職活動において重要なことは、できるだけ多くの企業を検討した上で、志望する企業複数から 同時期に内定を得て比較検討し、より良い条件の企業を選ぶという方法である。

そのために、今回は、私自身の経験から転職活動を準備期間・助走期間・ラストスパートの3つの期間に分けて各時期に必要なことをまとめてみた。

転職活動は現職で働きながら行う場合が多く、肉体的にも精神的にも負担に感じることが多くある。 なので期間は短くて3ヶ月、長くて6ヶ月くらいを目安に活動することをお勧めする。


2.準備期間


転職の準備期間

いわゆる自己分析やここで説明しているスケジュールを立てる作業、そして転職エージェントへの登録などをする期間。今後の転職活動の成果を分ける重要な作業となるため2週間前後の時間をかけてじっくり取り組もう。


1.転職する目的を明確化し、転職すべきかどうかを判断する

2.転職先の条件として重視することに優先順位を付ける

3.転職エージェントに登録し相談する

4.理想像とそのキャリアパスをイメージする

※スケジュールを立てる作業を行うのもこの時期


2-1.転職すべきかどうかの判断


まず第一にすべきことは、転職するべきか、会社に残るべきか。 残るとしてもいつまで残るかということを考えることだろう。

明確な転職の目標がない、現状の仕事が嫌だから辞める(そしてその問題は対処する方法がありそう)などのネガティブな理由での転職は極力さけるべきだろう。 また今の職場でやり残したことがあると感じている場合や、転職した前後のことを考えた際に残った方が 良いのではないかという迷いがある場合も転職するべきではないだろう。

逆に、転職して実現したい明確な目標がある、現状の仕事はやりきって次のステージに進みたい などの場合には転職に向けて準備を始めて問題ないだろう。


2-2.転職先の条件として重視することの優先順位を付ける


転職すると決めたら、その目的にそって転職先に求める条件に優先順位をつけよう。 すべての条件に当てはまる理想の転職先はなかなか見つからない。 例えば以下のように、「絶対に妥協できない条件」・「重視したい条件」・「妥協できるこだわらない条件」に割り振ってみよう。

【例】
-妥協できない条件
・○○のスキルが身につけられる
・勤務地が○○エリア

-重視したい条件
・給料が現在より下がらないこと
・社風など一緒に働くメンバー

-妥協できるこだわらない条件
・会社の知名度や規模
・役職


2-3.転職エージェントへの相談


これまで説明してきた作業を行う上で、強い味方となるのが、転職エージェントとなる。 一人で考えるよりも誰かに相談しながら進めることでより考えがまとまりやすくなることもある。 また多くの転職支援の経験から様々なアドバイスをくれるので、考える際の視点や他の人の情報も 参考にしながら考えることができる。

実際の転職活動も転職エージェントから案件を紹介してもら方法が現在の主流となっている。 共に自己分析をし、転職の目的や転職先の条件の優先順位を考え、もしくはその結果を伝え 更に考えを深めるなどの質の高い転職活動が転職エージェントの活用で可能となる。 その他にも準備期間に必ず取り組まなければならない、業界研究や企業研究、 履歴書や職務経歴書の作成アドバイスや面接対策もサポートしてくれる。

しかもそれらのサービスを無料で受けることができる。(転職エージェントは入社が決まった際にその企業から報酬を受け取る)

転職エージェントには一般サイトには公開されていない非公開求人が多くある。サイトに掲載すると求人が集まり過ぎるため、エージェント経由で本当に条件に合う人だけを選考したい等の企業側の思惑がある。 その中には優良な求人が多く、その数は公開求人数の2倍以上になる。

更に自分では取り組みにくい給料交渉なども代わりに行ってくれるため、転職エージェントを活用しないことは、それだけで大きなハンデを背負っての転職活動となると言っても過言ではない。

転職エージェントはデジタルマーケティング業界を目指すのであれば、 まずは業界特化のマスメディアンには登録しよう。 その上で、全業界に対応しており、高いコンサルティング能力で自己分析をサポートしてくれる、 リクルートエージェントへの登録し、2つのエージェントから別の視点でアドバイスを受ける方法をお勧めする。


デジタルマーケティング・インターネット広告業界への転職にお勧めの転職エージェントはこちら。

2-4.理想像とそのキャリアパスをイメージする


将来、自分がどうなりたいのか、なかなかイメージできないことも多い。 WEB広告業界への転職を考えた際に考えられる主なキャリアパスの事例を幾つか紹介する。 転職エージェントに相談する際に、考えがまとまっていれば、現状考えている理想のキャリアプランとして伝えてみると良い。

・特定の分野のスペシャリスト

・クライアントの課題を解決するWEB広告の総合プランナー(営業)

・WEB広告以外も含めた総合代理店の営業

・WEB広告を学んだ後、クライアント側のデジタルマーケティング担当へ

・語学力を活かし外資系の代理店や海外マーケティング支援の企業へ転職

・WEBマーケティングの知識を活かして独立する



転職をする際には最終的に目指すべき姿をイメージすることがも非常に重要になる。ただ業界未経験者や若手などはなりたい姿をイメージするのが困難な場合が多いだろう。明確には描けないまでも常にそのことは継続的に考えることで、自身のキャリアの連続性を確保することができる。キャリアに一貫性があれば複数回の転職も自身の強味になるが、逆に一貫性がなければ転職を繰り返す飽きやすい人と見られてしまうだろう。



3. 助走期間


転職の助走期間

準備期間が終わったら、いよいよ企業の面接を受けていこう。 面接は登録した転職エージェントがアポイントの調整をしてくれたり求人案件の詳細や面接で見られるポイントを事前に情報提供してくれるので、在職中の仕事が忙しい中でもスムーズに進めることができるだろう。 期間は人に依るが、行きたい業界と企業が明確になるまでの約1ヶ月〜2ヶ月間を目安とすると良いだろう。その際、大切なことを次にまとめてみた。

1.対象を絞り過ぎず気になったら積極的に面接を受ける

2.志望する分野の第三希望以下から受ける

3.視野を広げるため少し違った視点でも転職活動を進めてみる


3-1.対象を絞り過ぎず気になったら積極的に面接を受ける


面接をすること自体にリスクはないので、気になったら積極的に面接を受けよう。

実際に面接を進めるなかで、その業界で働いている人に質問をすることもできるので、 新たな発見があり、新たな業界に興味を持ったり、逆に迷っていた志望業界を絞ることができる。 はじめに絞り過ぎてしまうと、後々もう少し多くの企業を見ておけばよかったと後悔する 可能性が高いので、できるだけ多くの企業を見るようにしよう。



またここで多くの業界を見ることは、志望業界の面接でも大きな武器になる。面接ではどの企業でも自社への志望動機を聴いてくる。その際に他の業界や企業と比較して志望動機を述べることができれば大きなアピールとなる。(企業は採用後に短期間で辞められることを恐れているため、転職先が自社でなければならない必然性を高く評価する)



3-2.志望する分野の第三希望以下から受ける


転職活動開始当初はできるだけ、志望度の一番手、二番手は避けた方が良い。 なぜなら志望動機が不明確であったり、面接スキルが低い場合が多いからだ。十分な準備ができていない中で第一志望を受けて失敗してしまうのは非常にもったいない。 逆に面接を重ねていく中で、企業のニーズにあった自己PRができるようになり 転職エージェントからのアドバイスで面接突破力を向上させることができる。 志望度の高い企業は、明確に志望業界や企業が決まった後の次に説明するラストスパート期に 受けるようにしよう。



3-3.少し違った視点で転職活動を進めてみる


転職活動を進める上で、より視野を広げてみたい場合には別の転職エージェントを追加してみることをお勧めする。

例えばIT業界に強いワークポートや外資系やハイステータス案件に強い JACリクルートメントに登録し別の視点からの求人案件を紹介してもらおう。 当然、企業によって保有する求人は異なるので思わぬ優良企業に出会えるかもしれない。



3-4.面接前の作戦立てと振り返りで面接突破力をアップさせる


幾つかの企業面接を受ける中で自然と場慣れし緊張しなくなってくる。 またデジタルマーケティング業界の知識が貯まってきたり、自己PRもスムーズに魅力的に話せるように なり面接力は向上してくる。

ただ、更に面接突破力を高め、第一希望の企業に入社するために取り組んだ方が良いことが 事前の作戦立てと面接後の振り返りだ。

事前の作戦立てでは幾つかある自分の強みの内、どこを話すとより面接担当者に魅力的に映るのかを考える。 営業職であれば「素早く対応できるフットワークの軽さ」をアピールした方が良いのか、ネット広告運用担当であれば 「細かさや分析の経験」なのか、20代であれば「素直に謙虚に学ぶ姿勢」、30代であれば「マネジメントの経験」などが考えられる。 そして面接後の振り返りでは、面接官の反応や合否の結果などからどのポイントが面接官により響いていたかを考える。 そして次回以降はその経験を活かし、話すポイントを変えたり、同じポイントでも話方を変えてより相手に響く話し方に改善していく。

また面接で必ず訊かれる、デジタルマーケティング業界を希望する理由やその会社・職種を目指す理由もどんどん改善させ「それであれば、他の 業界や会社でも別に良いのではないか?」と思わせないよう話していく必要がある。

業界知識も付き、志望する働き方が明確になり、 相手企業に響く自己PRがうまくできるようになったら次はいよいよラストスパートで第一希望の企業面接へと進んでいこう。



4.ラストスパート


転職活動のラストスパート

志望業界や企業が絞れた段階でいよいよラストスパートをかけて志望する企業群から複数の内定を取りに行く。

1つの企業から内定を得ると通常、1〜2週間でその企業へ行くかどうかの決定を迫られる。 幾つか志望度が高い企業があるにも関わらず、先に面接を受けた企業から内定が出て決断を迫られ、迷いながらも入社を決めてしまい後悔が残ることがある。

そうならないためにも、志望先が絞れたら、条件に当てはまる企業複数の面接を同時並行で進めよう。限度はあるができるだけ多くの企業を受けることをオススメする。

そのためには該当する求人を紹介してくれそうな転職エージェントを追加する必要もでてくる。多くの面接を同時で進めたい際に追加する転職エージェントはDODA だ。複数の担当者がつくこともあり、求人紹介のペースが非常に早いのが特徴となる。

複数の企業から同時期に内定をとることで、より自分の希望に沿う企業を選ぶことができるし、 転職エージェントを通じて、複数から内定を得ていることが企業に伝われば、企業側も 自社をえらんでもらうために給料面などより良い条件を提示してくる可能性が高くなる。

この段階では、希望する企業の見極めもできており、書類選考や面接の対策も進んでいるはずなので、 以前よりも応募して1~2選考まで進む確率は高くなっていることが望ましい。 それでも最低6~8社程は同時に選考を進めていきたい。朝の早い時間や夜の時間帯だけでなく、有給を使って1日に5社の面接を受けるなど、集中的に面接を受けて行こう。


最後に転職が決まった後は、現在の職場にそのことを伝え、引き継ぎ作業などの退職手続きなどを行う必要がる。 初めての転職の場合には、どうして良いかわからないことも多々あると思うが、その際も転職エージェントのアドバイスを受けながら進めることでスムーズに退職手続きを進めることができるだろう。

特に転職が決まった後の引き継ぎなどの対応の際にやめる会社に悪い印象を与えてしまうと、 その後の関係性が悪くなり貴重な人脈を失う結果になってしまう。逆に引き継ぎ時の対応が丁寧であれば、 やめた後でもその会社と連絡を取ることができる友好な関係を継続でき仕事上でも有意義な貴重な人脈の一つとすることができるだろう。 有給の消化をどれくらいするか、どういうスケジュールで引き継ぐかは転職エージェントのアドバイスを参考にしつつ、 後々のことを考え、自分の都合だけを優先しないように立つ鳥後を濁さずの精神で望もう。 最後に今後も定期的に自分のキャリアを見直していく際にお世話になるであろう、今回お世話になった転職エージェント各社にお礼と転職活動終了の報告を忘れないようにしよう。

先に紹介した転職エージェントの他、デジタルマーケティング業界への転職に使える転職エージェントを最後に紹介します。



5.インターネット広告・デジタルマーケティング業界への転職におすすめの転職エージェントを紹介!!


■マスメディアン

デジタルマーケティング・WEB広告業界を目指すならまずは登録すべき広告・WEB・マスコミ業界に特化した専門の転職エージェント

対応エリア強み
東京・大阪・名古屋・福岡・金沢広告業界特化

広告業界に特化した転職エージェント。WEB広告の案件も豊富に抱えており、業界に詳しい転職エージェントが一から丁寧に教えてくれ、業界未経験者にとっては非常に強い味方となる。一概にWEB広告と言っても仕事内容は会社によって大きく異なり、転職したが思っていたことと違っていたという失敗に陥らないためにもより詳しい転職エージェントに相談する必要がある。


最近では、インハウス求人(一般企業の宣伝、広報、マーケティング、デジタル・Web、クリエイティブ部門の求人)も増加している。


エリアも東京・名古屋・大阪・福岡・金沢と全国の主要都市に対応している。面談に行くと専門情報誌の「宣伝会議」が1冊貰える特典も。




■シンアド

広告・PR・デジタル業界特化型の転職エージェント

対応エリア強み
東京(電話面談で全国対応可)広告・PR・デジタル業界特化

デジタルエージェンシーや制作会社、PR会社などのコミュニケーション業界出身者が転職を支援してくれるエージェント。マスメディアンと共に貴重な業界特化型の転職エージェントとして活用していきたい。PR業界にも視野に入れて転職活動を進めたい際にもお勧めできる。


エージェントは少ないがその分、少数精鋭で質の高いエージェントが丁寧に対応してくれる。


マスメディアンの詳細ページ



■リクルートエージェント

業界最大手の全ジャンル対応の転職エージェント

対応エリア強み
全国16拠点幅広い案件に対応

業界トップクラスの転職エージェント。
幅広い分野の数多くの案件の中から求人を紹介してくれる。またキャリアアドバイザーの資格を保有するカウンセリング経験豊かな転職エージェントが自己分析をサポートしてくれ、自身の強みや興味を聞き出してくれる。面接対策セミナーなども無料で受講することができる。広い視点から、今一度自分のやりたいことを見直す意味で相談することを強くオススメする。WEB広告の仕事は専業の代理店に行く以外にも自社商品のマーケティング部門や自社開発のマーケティグ支援商材の営業など様々な種類があるため、総合転職エージェントへの登録は必須だ。




■ワークポート

IT業界に強い転職エージェント

対応エリア強み
東京・神奈川・愛知・大阪・福岡IT業界に強い

IT業界に強い総合転職エージェント。広告業界専業ではないが、IT業界に強いため、WEB広告の求人も数多く紹介してくれる。またWEB広告業界はIT技術に支えられており、アドテクノロジー系の企業も多く存在し、そういった企業が実は業界を動かしていると言っても過言ではない。また技術の発展が早く、また理解が難しいため、エンジニアは勿論のこと技術面を理解できる人材は市場価値は高く、アドテクノロジー系に進むことも一つの選択肢として考えたい。


また年収800万円以上を対象とするハイクラス人材のための転職支援専門部門もあり、条件次第では高い年収を見込むことができる。




■JACリクルートメント

外資系やハイステータスの転職に強い転職エージェント

対応エリア強み
全国(関西の案件が豊富)外資系・30代以上に強い

幅広い案件を扱う総合エージェントだが、外資系求人や30代以降などの中堅人材の支援に強みがある。丁寧なカウンセリングからハイクラスの求人を紹介してくれる。外資系のWEB広告の会社は日系企業と比べ給料が高い傾向があり、英語をはじめとした語学や、様々な国の人と働く機会が持てるなど貴重なキャリアをつむことができる。是非、転職の機会には活用したいエージェントの1つだ。


JACリクルートメントの詳細ページ




■DODA

全業種対応の豊富な求人から自分に合った求人を紹介してくれる

対応エリア強み
全国全業種対応の豊富な求人数

DODAではサイトに公開されている求人に直接応募することもできる。ただ転職エージェントに相談することで 非公開のより多くの求人に出会うことができる。

DODAのメリットは何と言っても求人数の多さにある。初回のヒアリング後には各企業に詳しい担当者がスピーディーに 案件を紹介してくれる。多くの転職エージェントと接する機会となるため、自分に合うエージェントに出会える可能性が高い。

これまで紹介してきた転職エージェントが合わないなと感じた際や、 より多くの求人を紹介して欲しい際にぜひ活用しよう。


DODA(デューダ)の詳細ページ




■ギークリー

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職エージェント

対応エリア強み
渋谷IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門

大手を中心に非公開求人数は2000以上! ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇る。志望する業界やジャンルが絞れた段階で、 より多くの条件に合致する求人を紹介してもらう際にこれまでに紹介した転職エージェントと併せて活用しよう。

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行ってくれる。 また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強み。






■レバテック

IT/Web系のエンジニア、デザイナー特化の転職エージェント

対応エリア強み
東京・埼玉・愛知・大阪・京都・福岡・佐賀・広島・北海道IT/Web系のエンジニア、デザイナー特化

IT/WEBエンジニアやデザイナーの方向けの転職エージェント。職種特有の悩みにも対応してくれ、面接対策も しっかりと行ってくれる。拠点が全国9箇所にあるのも嬉しい点。






■マイナビクリエイター

Web職・ゲーム業界に特化した転職エージェント

対応エリア強み
首都圏・関西・愛知・福岡Web職・ゲーム業界

マイナビの運営するWeb・ゲーム業界に特化した転職エージェント。デザイナー・エンジニア・制作進行を担当するWEBディレクターや デジタルマーケターなど、幅広い求人案件から紹介してもらえる。






■関連記事